データ管理・デジタル接続

データ管理・デジタル接続

製造プロセスをデジタル接続によって価値ある3D計測データに

デジタル接続は、私たちの日常生活にとって重要で欠かせないものですが、製造プロセスも変革する可能性を持ち、既に多くの領域で活用されています。しかし、1つの領域 - 3D計測の領域 - では、まだ十分に活用されていません。

製造プロセスは様々な方法で改善できますが、データは改善に直結します。データは、よく価値ある資産と言われています。3D計測の分野で、データをより適切に利用することで、計測オペレータ、品質エンジニア、製造エンジニア、設計者など、製品設計プロセスに関連するすべての人に大きなメリットをもたらすことができます。

例えば、製造エンジニアが、3D計測データにすぐにアクセスできれば、問題の調査と解決をよりスピーディに行うことができます。設計者は、3D計測データを確認することで、設計変更の有効性の評価業務を簡素化できます。

しかし、近年3D計測データの管理が大きな課題になっています。

大容量ファイルのサイズはよく問題になります。 3Dスキャン技術の需要が高まり、10個の部品のスキャンデータを含む検査プロジェクトファイルは、1GBを超えるサイズになることがあります。特に、製造企業が年間数百または数千ものデータを測定できることを考慮すると、管理が必要なデータは膨大な量になります。

3D計測データを現在の製造プロセスでより良く管理することが可能で、製品エンジニアリング、製造、および計測チームにメリットをもたらします。

3D計測向けの最新データ管理システム

 

今日、3D計測データのファイルやフォルダは、ネットワークドライブへの保存や、場合によってはUSBメモリによって共有されています。これらの方法にはいくつかの欠点があります。まず、ファイルとフォルダは手動で保存、管理する必要があります。次に、データの検索には手間と時間がかかります。特に時間に追われている場合、必要なファイルを手動で検索することは、煩雑な作業です。さらに、誤ってファイルを削除したり、上書きしたりすることでデータが失われるリスクが高くなります。

同様の問題は、CADデータを管理する製品データ管理(PDM)システムを備えたCADプラットフォームでは既に解決されています。私たちの日常生活やPDMシステムで使用されているツールの背景にある重要な技術基盤は、すべてのデータがデータ管理システムによって一括管理されることです。 3D計測データにも同様のソリューションが必要です。

最新のデータ管理システムは、すべてのファイルとフォルダの保存、管理を自動化して手動操作をなくし、誤ったデータの取り扱いに伴うリスクを最小限に抑えます。また、3D計測データのバックアップと、その過程での保護を容易にします。さらに、データが変更されたときの履歴もトラッキングできます。

最新のデータ管理システム内で一元化されたデータは、貴重なビジネス資産になります。このメリットは、企業内全体に広まります。部門間でのデータの不連携をなくし、各部門が信頼できる共通のデータにアクセスできます。

すべての関係者とのデータ共有が3D計測データの価値を高めます

 

最新のデータ管理システムを導入している場合、企業は、私たちがGoogleによりインターネット上で行えることと同様に、重要なデータにアクセスできます。これにより、有益な情報の洗い出しや傾向の分析による問題の解決、パフォーマンスの確認、プロセスの改善などデータをさらに活用することができます。

ユーザーはどのようにデータにアクセスしますか?シンプルなインデックス - 検索 -フィルターメカニズムを介してアクセスできます。

インデックス情報により、シリアル番号、部品番号、生産ライン番号など、スピーディにデータにアクセスするための主要な属性が識別されます。この情報をデータベースに保存します。検索の正確性と完全性を確保するために、この最初のステップは非常に重要です。

次に、検索についてです。 私たちがGoogleで検索するときのように、インデックスに登録された情報に関連するキーワードを入力することで、該当するプロジェクトデータをスピーディに見つけることができます。最後に、必要に応じて、結果をフィルタリングして、目的とするデータを見つけることができます。

アクセス管理も重要です。誰がデータにアクセスできるか、データに対して何ができるかを管理する必要があります。これらを設定することで、適切な資格情報を持つユーザーのみがデータを変更できます。

チームワークの効率を高める最新のデジタルコラボレーションツール

製造業者は常に、作業効率とコストを最適化する方法を模索しています。複数の拠点にわたるプロジェクト、アウトソーシング、およびその他の外部パートナーシップに加えて、今日の在宅勤務の増加など業務環境は多様化しています。デジタルコラボレーションは、これらの多様化した業務環境間で孤立をなくす架け橋となります。

では、3つの例を見てみましょう。

1つ目は、大容量ファイルを転送せずに3D計測データをスピーディに交換する必要があることです。このソリューションは、大量のデータを送信するのではなく、ユーザーが任意のWebブラウザまたはモバイル端末でクリックするだけで、すぐに3D計測データにアクセスできるハイパーリンクを提供することです。

2つ目は、どこからでも3D計測データを確認する必要があることです。このソリューションは、Webブラウザまたはモバイル端末で3D計測データにアクセスすることで実現できます。

3つ目は、異なる場所にいる人々が同じデータを確認し、問題を調査する必要性があることです。これも簡単に実現できます。ディスカッションを3D計測データにリンクし、通知を使用して社内メンバーに連絡することができます。同時アクセス機能により、企業は3D計測データをリアルタイムで監視および分析できます。これにより、製造プロセスが簡素化され、測定、編集、分析を同時に行うことが可能になります。

適切なデータ管理インフラが整っていれば、企業は3D計測によって生成される膨大な量のデータからメリットを得ることができます。このデータからより効率的に必要な情報を見つけることで、生産性と製品品質が向上し、企業は競合他社に対して優位に立つことができます。

解決策

運用コストの削減とコラボレーションの改善は、あらゆる規模の製造企業にメリットがあります。この新しいテクノロジーにより、3D計測データを企業全体で共有できます。

これは架空のものではなく、実在するソリューションです。 InnovMetricPolyWorks|DataLoop™ は、3D計測データを一元化し、データアクセスを容易にする最新の計測データ管理システムを提供します。また、3D計測情報にアクセスする必要があるすべてのチームを相互接続するデジタルコラボレーションプラットフォームも提供します。

今日、3Dによる検査プロセスをかつてないほど簡単にすることができます。3D計測は、製品のエンジニアリングと製造において、より中心的な役割を担うことができ、データの準備やプロセスを合理化するのに役立ちます。

手動のデータ管理に悩まされる必要はありません。当社の最新のデジタルソリューションを是非ご検討ください。

 

詳しくはこちら