次世代の自動サーフェスモデル生成ソリューションを提供するPolyWorks|Modeler™ 2021

スマートなリバースエンジニアリング・テクノロジーとワークフローにより、3DスキャンデータからCADで利用可能な高品質サーフェスモデルをスピーディに作成できます。

スマート3D計測ソフトウェアソリューションのグローバルリーダーInnovMetricは、本日、PolyWorks|Modeler 2021のリリースを発表します。PolyWorks|Modeler™ 2021では、CADソフトウェアで編集可能で軽量なNURBSサーフェスモデルを自動生成する新しい技術を、直感的な手法でカーブからサーフェスモデルを生成するワークフローに統合した最新のリバースエンジニアリングワークフローを導入しました。3Dモデルによる設計、加工や構造、流体、樹脂流動解析などに利用可能なサーフェスモデルをスピーディに生成できます。次世代サーフェスソリューションPolyWorks|Modeler™ 2021は、設計者がデジタル化された実部品を基にCAD上で製品設計が可能な最適なパッチ構成を持つサーフェスモデルを提供します。

「20年前に始まった、ポリゴンモデルからサーフェスモデルを生成する自動NURBSサーフェス技術は、シミュレーションや機械加工のプロセスを大幅に向上させました。しかし、ポリゴンモデルから小さなタイル状のパッチで構成されたサーフェスモデルを生成する手法は、CADソフトウェアでは編集が困難なモデルを生成していました。」とInnovMetric 代表取締役 マーク・スーシは述べました。さらに、「数年前に、CADフレンドリーなモデルを生成する新しい自動サーフェス技術の研究開発プロジェクトを立ち上げました。この度、この技術が実現し、リバースエンジニアリングコミュニティに大きなメリットをもたらすことを大変嬉しく思います。」と述べました。

 

自動サーフェス技術

PolyWorks|Modeler 2021は、ポリゴンモデル上に生成される特徴カーブから、サーフェスを最小限のパッチ構成で生成する革新的な自動サーフェスのアルゴリズムを提供します。

  • ワンクリックで、ポリゴンモデル上にカーブとサーフェスパッチを自動生成し、ポリゴンにフィットした連続性を持つNURBSサーフェスを生成します。
  • 部品の特徴形状を基にしたカーブを境界とするサーフェスパッチが自動生成されるため、CADでの設計およびシミュレーションなどのアプリケーションに適した編集可能なモデルを生成します。    
  • パッチのサイズとアスペクト比を部品形状の曲率に自動的に適合させることにより、後工程のアプリケーションに最適なポリゴンへのフィット精度とパッチの連続性を持つ軽量なモデルを生成します。
 

リバースエンジニアリングワークフローの簡易化と効率化

自動サーフェスによる効率化と手動でのカーブネットワーク編集による柔軟性を活かして、最適なサーフェスモデルを生成できます。  

  • 手動のリバースエンジニアリングワークフローを併用することで、自動サーフェスの結果をカーブの追加、削除や形状変更により、サーフェスの不要な形状を取り除くなどの編集ができます。
  • ミラーコピーの中心カーブ、外形カーブ、微細な形状特徴カーブなどを事前に作成、設定することで、それらを利用した自動サーフェスの生成が行えます。

PolyWorks|Modeler 2021 は、InnovMetric.comまたはInnovMetricのPolyWorksのリセラーネットワークからお問い合わせ、ご購入いただけます。

 

InnovMetricについて  

1994年、カナダ、ケベック州、ケベック・シティに本社を設立し、世界中に子会社を持つInnovMetric Software Inc.は、ユニバーサル3D計測ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーです。世界中の製造業界の大手企業(トヨタ、GM、Volkswagen、ホンダ、BMW、 Daimler、Ford、Rolls-Royce、Pratt & Whitney、ボーイング、Embraer、Bombardier、Apple、その他多数)が、InnovMetricのPolyWorks®ソフトウェアソリューションとエンジニアリングや製造アプリケーションのための3D計測テクノロジーのメリットを最大化する関連技術サービスに信頼を置いています。 

世界中16ヵ国:カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、フランス、イタリア、スペイン、チェコ共和国、オランダ、スウェーデン、トルコ、南アフリカ、インド、タイ、中国、日本の子会社とジョイントベンチャーに450名の社員が在籍しています。