2018年7月27日(金) 

東京コンファレンスセンター・品川
 

スマートファクトリー(最新技術を製造現場でスマートに活用する)という言葉を耳にしたことがある方もいると思います。これは何を意味し、そして測定の未来にどう関わってくるのでしょうか?

私たちはその答えを知っています:スマート3次元測定です!これはただのビジネスワードではありません -私たちは皆様に、現状あるいは今後発生しうる製造上の問題を解決するための柔軟性のある測定プロセスを提供していきます。

 

下の「今すぐ登録」ボタンより登録の上、PolyWorks Conference Japan|2018に是非ご参加下さい!

こちらは参加無料のイベントとなっております。

 

本イベントの内容は以下になります:

  • 最新のPolyWorks2018をご紹介致します。
  • より具体的な内容のワークショップを2つ実施、翌日の業務にすぐに役立ちます。
  • ユーザー事例で他社のPolyWorks活用例を学べます。
  • 弊社のPolyWorksエキスパートに個別の相談が可能、今お持ちの課題を解決します。
  • 最新の3次元測定機を複数デモ展示致します。
  • 多くのPolyWorksユーザーが参加するイベントで、ユーザー同士のネットワークを広げることも可能です。
  • スマート3次元測定の正体が分かります!

スケジュール

9:30 am – 10:00 am  受付
10:00 am – 10:15 am 開会の挨拶
10:15 am – 11:15 am PolyWorks 2018 プレゼンテーション
11:15 am – 11:30 am 休憩
11:30 am – 12:15 pm ワークショップ1: PolyWorks® ユニバーサル3プラットフォームの真価を発揮
12:15 pm – 1:45 pm ランチ(PolyWorks Japan提供)、3次元測定機デモ展示、Doctor’s Office(PolyWorksエキスパートとの個別相談)
1:45 pm – 2:30 pm ワークショップ2: PolyWorks®でCNC CMM測定ツールへの損傷を回避、Doctor’s Office同時開催
2:30 pm – 2:45 pm ユーザー事例1:車体部品寸法検査作業の効率化と出荷品品質向上
株式会社トピア  品質保証部  吉富 昌和様
2:45 pm – 3:00 pm ユーザー事例2:PolyWorks Revolution  
株式会社浅野  群馬品質保証課  松本 徹也様
3:00 pm – 3:30 pm 休憩、3次元測定機デモ展示、Doctor’s Office(PolyWorksエキスパートとの個別相談)
3:30 pm – 4:30 pm PolyWorks®:インターコネクティング 「ハードウェア」、「ソフトウェア」そして「人」
4:30 pm 閉会の挨拶

                        

ワークショップ

PolyWorks® ユニバーサル3プラットフォームの真価を発揮

3D測定ソフトウェアのプラットフォームとして、全ての3次元測定機との接続を可能にし、そのことにより3D測定のワークフローが共通化され、さらに検査プロジェクトをあらゆる3次元測定機と共有することもできるようになります。このプラットフォーム化は皆様の測定業務に多大な貢献をもたらすと信じています。

日々の測定業務を劇的に改善させるPolyWorksユニバーサル3プラットフォームのコアとなるコンセプトとその真価を発揮させるための鍵となる機能についてご紹介致します。

  • カスタム測定と品質チェック項目を検査プロジェクトに組み込む
  • 1つの検査プロジェクトをポータブル測定機とCNC CMM測定機の両方で使用してピース検査を行う
  • 様々な3次元測定機に適用させることができるピーステンプレートを使った検査プロジェクトの準備
PolyWorks®でCNC CMM測定ツールへの損傷を回避

無駄のない効率的なCNC CMMの測定パスを作成する上で重要なのが、ツールの干渉を避けることです。PolyWorksではどのように測定パスの作成時や編集時にツールと測定対象物や固定治具との干渉を検出し、ツールへの損傷を回避させることができるのか紹介致します。

  • オフラインでの作業中も測定機との接続中もリアルタイムでプロービングやスキャンニングパスとCADデータとの干渉を監視してツールへの損傷を回避
  • シーケンスエディタの問題修正機能を使ってシーケンス上の問題の検出とその解消

ユーザー事例 
 

車体部品寸法検査作業の効率化と出荷品品質向上
発表者
株式会社トピア 品質保証部  吉富 昌和様  

内容紹介:
自動車車体部品から家電の構成部品まで生産物が多岐にわたり、その要求寸法精度や測定方法も異なる中で、作業の効率化と出荷品質の向上が課題となっていました。PolyWorksの導入により測定時間が約1/3に改善され、出荷品の品質(寸法合格率)も向上するまでの事例を紹介致します。

 

 

PolyWorks Revolution
発表者
株式会社浅野 群馬品質保証課  松本 徹也様

内容紹介:
ソフトウェアをPolyWorksに統合した事により得られた様々なメリットから、PCと測定物が離れた状態でも遠隔操作が可能なモバイルアプリPolyWorks|Talismanの活用、PolyWorks|Viewerによる組織内でのデータの共有など、測定最前線でのPolyWorks活用法を紹介致します。

 

 

 

出展パートナー

 
   

 

会場

東京コンファレンスセンター・品川

東京都港区港南1-9-36 アレア品川4階