ニュース
2016年 03月 30日

PolyWorks® 2016 がユニバーサルな3D計測ワークフローを実現します

2016年3月30日カナダ、ケベック州ケベックシティ-ユニバーサル3D計測ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるInnovMetric Software Inc.は、本日、ユニバーサル3D計測ソフトウェアプラットホームの最新版であるPolyWorks® 2016のリリースを発表しました。PolyWorks 2016は据え置き型CNC3次元測定機におけるプローブ測定とレーザースキャニングを完全サポートしています。その為、一般的なフレームワークにおいてユーザーは、一つのソフトウェアモジュールであらゆるタイプのポータブル型3次元測定機やCNC3次元測定機を同様なツールや方法を用いて操作することが可能となり、真のユニバーサル3D計測ワークフローが実現する事になります。

「以前は、ポータブル型3次元測定機とCNC3次元測定機の操作方法にはかなりの違いがありました。また、オフラインのCNCプログラミングとオンラインのCNC測定では、従来異なるモジュールで異なるツールセットを使って実行されてきましたが、そんな時代はもう終わりです。」とInnovMetric社長、Marc Soucyは述べています。「10年以上前InnovMetric社は、お客様にユニバーサルなハードウェアに依存しない3D計測ソフトウェアプラットホームを届けようと、大掛かりな旅に乗り出しました。そしていよいよPolyWorks 2016では、ユニバーサルプラットホームを構成するのは、どんなタイプの3次元測定機とも相互に連携がとれるユニバーサルなハブであり、全ての検査業務を実行するユニバーサルな作業、操作手順を提供できるものである、とその定義も完全に新しくなりました。この革新的で徹底したアプローチは、計測ワークフローにおけるサイロ(他部門と連携を取らない仕事のやり方)を取り除き、トレーニングにかかる費用を減らし、複数部門間に渡る協力、連携を促進し、一貫した測定結果を保証し、労働力の可動性を高めるので、企業のソフトウェア所有にかかる費用を大幅に下げる事となるでしょう。」

PolyWorks 2016では、ポータブル型3次元測定機やCNC3次元測定機で以下の事が出来るようになりました:

  • 実際の測定機に接続することなく検査プランの決定、測定用データの準備をする。 
  • 測定対象の検査項目を設定し、検査レポート作成の準備をする。
  • 非接触または接触ポータブル型3次元測定機、またはCNC3次元測定機コントローラ(Hexagon、Mitutoyo、Nikon、Pantec、Wenzel)およびI++サーバーに接続し測定シーケンスを実行する。
  • 測定対象の検査項目、検査レポート及び同品種部品の複数データ結果を統計工程管理機能でレビューする。

ポータブル型3次元測定機やCNC3次元測定機の共通のフレームワークでの操作が、PolyWorks 2016での2つの新しい主要コンポーネントの導入で可能となりました:測定シーケンス編集とオフラインシミュレーション

測定シーケンス編集

2012年以降、PolyWorksは、測定の1ステップ毎に操作ガイド付きの測定シーケンス(順序)を自動生成するパワフルな検査再生ツールを提供しており、これによりポータブル型3次元測定機による同品種部品の繰り返し検査を容易にしました。PolyWorks 2016ではこの検査再生機能が持つ測定シーケンスを編集可能にする事で機能を大幅に拡張しています。新しいシーケンス編集機能を使う事で、ユーザーは以下の事が出来るようになります:

  • 測定工程の順序を設定する。
  • 測定機位置の移動を管理する。
  • CNC3次元測定機特有のプローブヘッドを特定の位置へ移動する、あるいはプローブの方向を変えるといった操作を行う。
  • 測定者への作業手順の案内メッセージと画像を簡単に挿入する。
  • 条件文の挿入を行う。
  • マクロスクリプトを挿入し、カスタマイズした処理を検査工程に含める。

オフラインシミュレーション

更にPolyWorks 2016は、使いやすいオフラインシミュレーション機能も新たに提供します。ユーザーは実際の測定作業の前に、測定の全工程をオフラインでシミュレーションすることができます。測定部品のCADモデルからシミュレーション用の点群データやプローブ点を自動生成し、データの位置合わせから形状誤差カラーマップ、寸法測定などすべての検査を行い、検査レポート作成までを測定機や実部品を使わずに迅速にシミュレーションし、それを実際の測定作業に利用できます。また、このPolyWorks 2016オフラインシミュレーションはCNC3次元測定機も完全にサポートしているので、ユーザーはプローブツールやレーザースキャニングツールの移動経路や姿勢を仮想の測定機で生成し、また編集できます。

ユニバーサル検査プロジェクト

PolyWorks 2016のユニバーサル3D計測の設計仕様により、検査の準備データとして作成した一つのPolyWorks検査プロジェクトは、最小限の変更でCNC3次元測定機を含む異なるタイプの複数のハードウェアプラットホームで使えます。これによりPolyWorks 2016は、顧客が様々な要求に最も適した複数の異なる測定機を導入しても完全な柔軟性を保証し、3D計測に対する投資へのリターンを最大にします。PolyWorks 2016は、ユニバーサル検査プロジェクト及び測定機の相互運用の新時代を開いていきます。

InnovMetric Software社 について

InnovMetric Software Inc.は、1994年に設立されたカナダ・ケベック州ケベックシティに本社を置くユニバーサル3D計測ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーです。工業製造業界の世界的企業(Toyota, GM, Volkswagen, Honda, BMW, Daimler, Ford, Rolls-Royce, Pratt & Whitney, Boeing, Embraer, Bombardier, Appleなど)が、エンジニアリング/製造アプリケーションにおける3D計測テクノロジーの効果を最大限に高めるInnovMetricの PolyWorks®ソフトウェアソリューションとその関連技術サービスに信頼を寄せています。

支社と合弁会社を含め、世界10カ国(カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、フランス、ベネルクス、インド、タイ、中国、日本)に250人の従業員を擁しています。