新機能

 

PolyWorks|Inspector™ 2022の新機能

 

CADデータを使用しない複数ピースの効率的な検査

CADデータから作成する基準フィーチャーなしでも、プローブ測定時のガイド機能とスキャンデータからの測定フィーチャーの自動抽出が行えます。

  • 1つ目のピースでプローブ測定したフィーチャーをもとに、2つ目以降のピースを自動表示されるガイドに従い測定できます。
  • 1つ目のピースをスキャンして、スキャンデータから手動作成ツールで測定フィーチャーを作成します。これらの測定フィーチャーを測定ガイド要素に変換することで、2つ目以降のピース検査では、測定ガイド要素を使い自動で測定フィーチャーが抽出できます。
  • CADデータが後から利用可能になった場合、CADデータから基準フィーチャーの作成や幾何公差の設定を行い、CADデータを使用した検査に切り替えることができ、さらにその変更をCADデータなしで検査済みの全てのピースに自動で反映できます。

 

形状偏差の大きな部品の測定フィーチャー抽出方法を強化

PolyWorks|Inspector 2022の新たな測定ガイド要素を使用することで、形状偏差が大きい部品でも複数ピース検査で測定フィーチャーの抽出を自動化し、作業時間を短縮できます。

  • フィーチャー抽出グループ機能または手動作成ツールを使用し、形状偏差の大きな部品の1つ目のピースの測定フィーチャーを適切に作成、次にこれらの測定フィーチャーを測定ガイド要素に変換します。
  • 測定ガイド要素を測定フィーチャー抽出用として使用することで、同様に形状偏差の大きい2つ目以降のピースの測定フィーチャーを正確かつスピーディに抽出できます。

Excelにスマートな初回製品検査レポートを作成

初回製造品をPolyWorks|Inspector 2022で検査し、その結果をMicrosoft Excel の初回製品検査テンプレートに自動転送するだけで、AS9102やPPAPに準拠した初回製品検査レポートをスピーディに作成できます。

あらゆるデジタルプロセスに対応する新しいユニバーサルデータハブの活用

CADモデリングソリューション、モデルベース定義ソリューション、3D計測ソリューション間でのデジタルの相互運用を確実にします。

 
  • 製品定義プロセスでのデジタルの相互運用性を確保するために、CADやQIF MBDのネイティブファイルからすべての幾何公差の管理項目 をインポートできます。
  • スキャンまたはプローブ測定した部品の寸法の一部をデジタルゲージなど、より正確な機器で測定し、検査レポート用の測定値として取り込むことができます。

操作性のさらなる強化

ユーザーの作業効率向上と機能や操作の習得が容易にできるように改善されました。

  • オプションダイアログの検索フィールドにキーワードを入力することで、探しているオプションを瞬時に見つけることができます。
  • 3Dシーンに表示されるカラースケールの範囲をマウス操作でダイナミックに変更し、データカラーマップをスピーディに解析できます。

CNC 3次元測定機の測定シーケンスをRenishaw PH20プローブヘッド用に最適化

5軸動作とヘッドタッチ測定機能を効果的に組み込むことで、通常の3軸対応の測定シーケンスを5軸対応の測定シーケンスに最適に変換できます。

複合現実テクノロジーがプローブ測定の作業効率を大幅に向上

よく使用するプローブ測定ツールのメニューとともに、ビジュアルガイドとフィードバックがオペレータの目の前に表示されます。

  • 検査対象の部品上に重ねて表示されるガイド形状と測定指示に従うだけで、常に適切な測定が行えます。
  • プローブ測定位置、測定結果、デジタル座標表示をリアルタイムで表示することができます。
  • 直感的に操作できるユーザーインターフェースを使用して、よく使用するプローブ測定機能を表示させることができます。

ご購入のサポート​

当社のスペシャリストが、製品の価格やライセ
ンスに関するご質問にお答えします。

営業チームへのお問い合わせ

技術的なお問い合わせ

ご質問は 当社のアプリケーションスペシャリストまでお問い合わせください。

無償のデモを依頼する

知識を深めましょう ​

ワークショップを観て実用的な情報を入手できます

オンデマンドで観る

ご購入のサポートbr />

当社のスペシャリストが、製品の価格やライセ
ンスに関するご質問にお答えします。

営業チームへのお問い合わせ


技術的なお問い合わせ

ご質問は 当社のアプリケーションスペシャリストまでお問い合わせください。

無償のデモを依頼する


知識を深めましょう ​

ワークショップを観て実用的な情報を入手できます

オンデマンドで観る

詳しくはこちら

動画を観る

CADモデルが使用できない場合でも、複数ピース検査を簡単に短時間で行える新しい測定ガイドを使用した機能をご紹介します。PolyWorks|Inspector™ 2022の測定ガイドテクノロジーにより、測定フィーチャーがスキャンデータから自動的に抽出され、プローブ測定ガイドまたはフィーチャースキャンガイドに従い、効率よく測定できます。

動画を観る

3軸対応の3次元測定用の干渉のない測定シーケンスを作成し、5軸動作と「ヘッドタッチ」測定機能を組み込むことにより、CNC 3次元測定機の測定シーケンスを5軸対応のRenishaw PH20プローブヘッド用に最適化する方法をご紹介します。

動画を観る

Microsoft HoloLensとPolyWorks|AR™ 2022 を活用した複合現実技術により、測定オペレーターがプローブ測定ワークフローを効率的に実行できる方法をご紹介します。