ユニバーサル検査プロジェクト

同じ検査プロジェクトをすべての3次元測定機で実行

PolyWorks 2018では、3次元測定機の相互運用が飛躍的に向上しました。 これにより、ユーザーはあらゆるポータブル式およびCNC 3次元測定機で直接利用可能な検査プロジェクトを作成し実行することが可能になります。 1つの検査プロジェクトに複数の測定テンプレートを作成しておくことで、複数の3次元測定機を最大限に活用し、作業者のミスやリスクを減らします。

測定テンプレートは、次のような場合に力を発揮します:

CNC 3次元測定機およびポータブル式測定機による複数検査

門型3次元測定機と水平アーム式での測定手順の共有

様々なタイプのレーザートラッカーを使用しての検査とセットアップ

CADモデルのバージョンとリビジョンの管理

ユニバサル3D計測ワークフロー

改善された位置合わせツール

PolyWorks 2018のリファレンスターゲットとデータムターゲット位置合わせ技術は、以前より強力になりました。

リファレンスターゲットで関連するフィーチャーの位置合わせを繰り返し行うことで、部品偏差のバランスをとります。

新しいデータムターゲットエリアにより、長方形および円形の部品受け面を再現します。

ユニバーサルデジタイジングハブ

CNC 3次元測定機用の干渉チェック

PolyWorks 2018は、強力でリアルタイムな干渉チェック技術に、新たな機能が追加されました。

これにより、干渉を検出すると自動的に回避経路を計算し、移動経路を追加することで理想的な形で測定パスを修正します。

 

自動的に回避経路を計算することで3つの干渉が回避されました。

CNC 3次元測定機用の強力な測定シーケンス

PolyWorks 2018は、部品の形状が変形していたり、間違って配置されていたりする場合に作業者の手動操作なしで測定するための便利な機能を提供します。

穴の検索
測定する穴が大きくズレていた場合、らせん状に穴を検索し、穴の位置を特定してから測定を再開します。

穴中心の検出
実物の穴中心を初めに測定した後、設定されていた穴の測定ポイントを正しく測定します。

他のオブジェクトを考慮した測定
すでに測定されたオブジェクトの移動量に基づいて、測定位置を調整します。

ユーザーエクスペリエンス

改善された操作性とパフォーマンス

PolyWorks 2018で改善された操作性やパフォーマンスはお客様の作業性を向上させます。

一貫性のある色使いにより結果を見やすく表示

3Dシーン上での直感的な注釈の移動や編集ツール

1クリックで異なる製品間で要素を変換

従来のアイコンのコンセプトを維持したまま、簡略化されたアイコンに

カタログをダウンロード

画像をクリックしてPDFバージョンをダウンロード