会議

部品表面の突起/へこみなどの欠陥をスキャンデータから自動検出して検査

 

部品の製造工程内でスキャンデータから部品表面の欠陥をカラーマップでスピーディに表示することで、後工程での修正コストを削減します。この新しいテクノロジーを使用することにより、さまざまな要因から生じた突起、へこみ、キズなどの検出や、部品の経年変化による劣化のモニタリングなどが可能です。さらにスポット溶接やリベットの機能要素の欠落の検出も可能です。次の内容を学べます。:

  • CADモデルなしで、スキャンデータからワンクリックで部品表面の突起、へこみ、キズなどの欠陥をカラーマップ表示
  • 許容値を設定し、重大な欠陥だけを視覚化
  • 欠陥の領域をクリックし、カラーマップ上に突起、へこみ、キズの高さ/深さを注釈表示し、スピーディかつパワフルな検査レポートを作成
 
 


Talk to an expert

Have a question?
Our experts​ are here for you.

Schedule a free demo​