データ管理とデジタル接続

2000年以降に発生した3D測定技術の機能の大きな飛躍により、製造組織による3D測定の使用が大幅に増加しました。その結果、3D測定データの量が指数関数的に増加するにつれて、新たなデータ管理の複雑さが生じています。データ管理システムは、貴重な3D測定データを中央サーバーに保存し、企業全体のデータへのマルチプラットフォームアクセスを開き、最新のデジタル通信ツールを提供することでこれらの問題を解決します。これにより、3D測定データの生産者と消費者が効果的に相互接続されます。

ホワイトペーパー

3D測定のデジタルトランスフォーメーションに向けたロードマップ

あらゆる製造プロセスの中でも、3D部品測定と3D検査結果の寸法共有では、デジタルトランスフォーメーションの機が熟しています。段階的かつモジュール式のアプローチによって、企業各社が各製造関連チームによる3D測定データの一層の活用を推進するデジタルツールやプロセスをどのように導入しているかをご紹介します。 

詳細はこちら

記事

解锁3D测量的全部潜能

在瞬息万变的制造业领域,要在产品开发的各个阶段都能获取并利用宝贵的数据可能极具挑战性。然而,通过数字化管理3D测量数据的生命周期,可以帮助企业改善决策、加强协作并提高利润。了解统一、动态的企业数据管理方法如何让您的团队在提高效率和实现转型成功方面取得突破。

詳細はこちら

 

記事

デジタルツインテクノロジーとスキャンデータの管理で製造品質を向上

物理的なオブジェクトや製造プロセスを仮想的に表し、仮想空間内でシミュレーションすることで、デジタルツインテクノロジーは製造、建設、医療など多くの分野で成果を挙げています。正確な3D計測データに基づくデジタルツインテクノロジーは、製造の検証と改善を可能にします。

詳細はこちら

 

記事

製造プロセスをデジタル接続によって価値ある3D計測データに

デジタル接続は、私たちの日常生活にとって重要で欠かせないものですが、製造プロセスも変革する可能性を持ち、既に多くの領域で活用されています。しかし、1つの領域 - 3D計測の領域 - では、まだ十分に活用されていません。

詳細はこちら

 

記事

価値を高める3D計測データ

この20年間の3D計測ハードウェア・ソフトウェアの大きな技術革新は、製造業における技術の著しい成長を後押ししました。製品エンジニアリング段階では機能性に優れた製造ツールの提供に必要な試作や反復の回数削減に貢献し、生産開始前の段階では製品の微調整と組み立て工程の迅速化を支援し、生産段階では製造上の問題の検出、分析、解決を可能にしています。

詳細はこちら