ウェビナー

CADモデルなしで部品をスキャニング検査 

通常のスキャンデータによる検査では、部品のCADモデルを使用したデータの位置合わせ、寸法や幾何公差の算出などを行いますが、図面しかなくCADモデルが使用できない場合でも、異なるツールを使用することでスキャンデータのみで同様の検査を行うことができます。

約15分で、下記の内容をご紹介します。

  • スキャンデータから円筒、平面や円などの測定フィーチャーを作成し、寸法や幾何公差を算出し、OK、NG判定を行います。

  • スキャンデータに座標系を作成し、座標系に沿った寸法の算出を行います。

  • コントロールビューから、検査レポートを作成します。