ケベック発のノウハウを活用してF1レーシングカーの精密検査を実施

ケベック発のノウハウを活用してF1レーシングカーの精密検査を実施

 

6/17/22

発表の原文(フランス語):Formule 1 – Les bolides sous la loupe du savoir-faire QuébécoisJulien Arsenault(LA PRESSE)(ハイパーリンク:https://www.lapresse.ca/affaires/entreprises/2022-06-17/formule-1/les-bolides-sous-la-loupe-du-savoir-faire-quebecois.php 

Jean-Sébastien Blais氏(InnovMetric Enterprise Solution Deployment部門 エンジニア兼グローバルエキスパート) 
写真提供:Hugo-Sébastien Aubert(LA PRESSE) 

シングルシーターF1カーの性能向上の取り組みでは、ミリ単位の精度が求められます。国際自動車連盟(FIA)は、レーシングチーム間での条件を公平にするために、ケベック発のテクノロジーに着目しました。シーズン開始以来、InnovMetricが開発した3D計測ソフトウェアが細部にわたる車両の検査に使用されています。 

精密な作業 

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットのパドックで一目見ただけではわかりませんが、数多くあるガレージドアのうち1か所の裏側には、シングルシーターのレーシングカーのための必須チェックポイントがあります。ここでは、レギュレーション施行の監視役であるF1常勤車両検査官Nuria Encinas氏が率いるチームによるレーシングカーの精密な検査が行われます。 

「私達の任務は、レーシングチームが不正をしていないことを確認することです。彼らが不正を働いたとしたら、それは私達がしっかり任務を果たさなかったということです」とEncinas氏はパドックのインタビューで語っています。 

Encinas氏はLa Presseの取材に対して検査エリアを案内してくれました。

これまで、FIAでは物理的なテンプレート(カスタマイズされたツール)を使用してウイング、シャーシ、グランドクリアランス(地上高)、ホイール間の距離を手作業で計測することで、すべてがレギュレーションに適合していることを確認していました。 

肉眼でその差を見極めるのは難しいですが、モータースポーツの最高峰の戦いでは、サーキットでライバルを抜き去ろうとするとき、たった1ミリの違いでも大きく状況が変わり得るのです。「これは大きな差になります」とEncinas氏は言います。 

今シーズンは従来のやり方から決別することとなりました。空気力学の分野におけるあらゆる変化に伴い、FIAは物理的なテンプレートを一切排除することにしました。この高精度な作業をレーザーセンサーに任せることにしたのです。 

「レーシングカーは1台1台異なります。すべてのレーシングカーの検査用に物理的なテンプレートを用意する事はできませんでした。でも今は、1台の三次元測定機と1つのワークフローがあれば、あらゆるレーシングカーを測定できるようになりました」とEncinas氏は言います。 

作業の流れ 

FIAではInnovMetricの主力ソフトウェアであるPolyWorks®プラットフォームを採用しました。三次元測定機を使用して高精度な測定を行える基本的なソフトウェアです。 

昇降機に停められたレーシングカーの特定の寸法が、正確な位置に配置された多数の球面リフレクターと1台のレーザートラッカーを使用して計測されます。次に、データはデータベースに送られ、承認されたデジタルモデルと比較されます。 目標は、5分以内にすべてが規格に適合していることを確認することです。 

InnovMetricのEnterprise Solution Deployment部門でエンジニア兼グローバルエキスパートを務めるJean-Sébastien Blaisは次のよう語っています。「担当者にとっては非常にシンプルな作業です。ノートパソコン、PolyWorks、レーザートラッカーがあれば、1人で計測を行えます。コンプライアンスレポートは自動的に作成され、不合格項目が強調表示されます。これは私達のプラットフォームができることの一例です」 

シーズン中にレギュレーションの変更が生じても問題ないとBlaisは言います。必要なのはソフトウェアのデータの調整だけです。 

自然な連携 

どのような経緯でFIAはInnovMetricのPolyWorksを選んだのでしょうか。 ケベックを本拠地とするInnovMetricは自動車業界ではよく知られた存在です。大手自動車メーカー各社はすでに、ドアなどの民生用車両の各種パーツが自社の仕様に適合していることを確認するためにPolyWorksを使用しています。 

InnovMetricによると、F1レーシングチームの80%超が同社のソフトウェアプラットフォームを使用しています。 

「フェラーリ社のようにレーシングチームを所有する自動車メーカーでは、この技術をさまざまな方法で活用できます。FIAは、効率的に物事を進めるには新しいテクノロジーが必要だと認識したのです」とBlaisは語っています。 

継続的な訓練 

カナダグランプリはシーズン第9戦として開催されます。FIAはPolyWorksライセンスのオーナーとして、自らのニーズに合わせてPolyWorksソフトウェアのファインチューニングを続けており、測定業務のさらなる改善が期待できます。 

Encinas氏は次のように強調しています。「データを解析し、物事がどう機能するかを理解する必要があります。そのために、複雑性は増しますが、検証に関しては非常に多くのことを達成できます」 

InnovMetricは世界中に子会社やジョイントベンチャー企業のネットワークを展開しています。問題が発生しても、PolyWorksのスペシャリストたちがすぐに対応できる体制が整っています。