技術仕様

コンピュータ要件

最小コンピュータ要件*

  • CPU: デュアルコア CPU
  • RAM: 4 GB
  • グラフィックカード: 1 GB メモリーを備えたハードウェア-アクセラレートプロフェッショナル OpenGL グラフィックカード
  • オペレーティングシステム: 64-bit Windows 11 または 10 Professional Edition
  • 入力デバイス: ホイール付2ボタンマウス

 

*これらの要件は、シングルポイントプローブ測定機を使用してCADモデルのサイズが50MB以下の場合に適切です。

推奨コンピュータ要件**

  • CPU: クワッドコア CPU 
  • RAM: 32 GB
  • グラフィックカード: 2 GBメモリーを備えたNVIDIA RTX / Quadro シリーズ グラフィックカード
  • オペレーティングシステム: 64-bit Windows 11 または 10 Professional Edition
  • 入力デバイス: ホイール付2ボタンマウス

 

**これらの要件は、より大きなCADモデルのインポートや大きな部品を高密度でレーザースキャニングする場合に要求されるパフォーマンスを提供することで、幅広いアプリケーションをカバーします。ご使用のアプリケーションのタイプに最適なシステム構成について疑問がございましたら、テクニカルサポートチームにお問い合わせください。

  • 多関節アーム: Faro、Hexagon/Romer、Nikon、Mitutoyo、CimCore、Kreon、PMT、RPS Metrology、 Tomelleri-SpaceArms、TTS Vectoron
  • 光学トラッキングプローブ: Aicon、Creaform、Geodetic、Keyence、Metronor、Nikon、NDI、 Zeiss
  • レーザートラッカー: API、Faro、Leica
  • マニュアル3次元測定機: I++、Deva、Insight Metrology、MZ1060/2000/2010、Renishaw、Samsoft、Wenzel
  • CNC 3次元測定機コントローラー、ダイレクトドライバーを使用: Brown & Sharpe、Coord3、DEA、Leitz、 LK、Mitutoyo、Pantec、Sb-Elektronik、Wenzel
  • CNC 3次元測定機コントローラー、Zeiss CMM-OSを使用: Zeiss
  • CNC 3次元測定機コントローラー、 I++ を使用: 全ブランド
  • セオドライト: Leica TDRA6000
  • ラインスキャナー:API、Faro、Hexagon、Kreon、Laser Design、Leica、Mitutoyo、NDI、Nikon、 Perceptron、TTS Vectoron、Zeiss
  • 平面グリッドスキャナー:Faro、Hexagon、Konica Minolta
  • 球面グリッドスキャナー:Surphaser
  • ポリゴンメッシュスキャナー:Creaform、Hexagon
  • 点群スキャナー:Leica、Nikon
  • CNC 3次元測定機ラインスキャナー、ダイレクトドライバーを使用:Kreon、Nikon、Wenzel
  • CNC 3次元測定機ラインスキャナー、I++を使用:Hexagon、Zeiss

平面グリッド/メッシュ、ラインスキャン、球グリッド、および構造を持たない点群を記述する38の形式。

  • 受信器: MicroRidge (MobileCollect、GageWay)、Mitutoyo U-Wave、Sylvac/Fowler
  • 測定器具: 上記の受信器と互換性のあるすべての測定器具、およびキーボード入力シミュレーションが可能なすべてのデバイス。
  • CATIA V6/V5/V4
  • NX (UG)
  • Creo (Pro/E)
  • Inventor
  • SolidWorks
  • ACIS
  • IGES
  • JT
  • Parasolid
  • QIF
  • STEP
  • VDA-FS
  • 中国語(簡体字と繁体字 ) 
  • チェコ語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語